スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ラストサムライ
2006 / 12 / 11 ( Mon )
ストーリー
19世紀末。南北戦争の英雄、オールグレン(トム・クルーズ)は、原住民討伐戦に失望し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな彼が、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。初めて侍と戦いを交えた日、負傷したオールグレンは捕えられ、勝元(渡辺謙)の村へ運ばれた。勝元は、天皇に忠義を捧げながら、武士の根絶を目論む官軍に反旗を翻していた。異国の村で、侍の生活を目の当たりにしたオールグレンは、やがて、その静かで強い精神に心を動かされていく…
    20061211164008.jpg20061211163850.jpg



「男の生き様」
何なんでしょうこの映画は…
一言じゃ表せないくらい大きな心意気と偉大さを観ました…
私が大好きな侍は悪を退治し、困っている人を助ける正義の味方が多いですが、確固たる真の侍魂を持った侍は初めて見ました…
カッコイイという言葉でまとめてはいけない気がします…これはもう【尊敬】としか言いようがありません!!
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

17 : 24 : 48 | 人情のヒューマンドラマ | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
ペイ・フォワード
2006 / 12 / 09 ( Sat )
ストーリー
中学校生活最初の日、社会科教師のシモネット先生が出した『もし君たちが世界を変えたいと思ったら何をする?』という課題に興味を示し、トレバーは真剣にこの課題に取り組んだ。母はアル中、父親は蒸発、学校ではナイフを持ったクラスメイトがいじめや恐喝を続けている…そんな世界を誰よりも強く変えたいと願う彼は1つのアイデアを生み出す。それは"ペイ・フォワード"。人から親切を受けたらその恩を他の人に贈るのだ。やがてこのアイディアは思わぬ広がりを見せ…

               20061209172807.jpg

「泣けた~」

勇気をもらえる話でした、心に沁みました…
今にない他人に向ける感謝の気持ちや、優しさをいっぺんに教えてもらった気がします…
この映画は大きな勉強になりました。

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

17 : 28 : 53 | 人情のヒューマンドラマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヴァージンスーサイズ
2006 / 12 / 08 ( Fri )
ストーリー
1970年代、アメリカ郊外の町。数学教師と敬虔なクリスチャンのリズボン夫妻(ジェームズ・ウッズ、キャスリン・ターナー)の間には、13歳から17歳までの年子で美しい5人姉妹がいた。近隣の少年たちは皆、彼女たちに憧れていた…

               20061208153507.jpg



「好き嫌いがある」
とてもロマンチックでかわいい作品なので女性向けなのですが、
ラストの結末があまりにも残酷なので好き嫌いがかなり分かれてくると思います。
私はもう少し平和的な映画が好きです…(´・ω・`;A)
15 : 36 : 05 | 人情のヒューマンドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ALWAYS 三丁目の夕日
2006 / 12 / 08 ( Fri )
ストーリー
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々。ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミに頼まれ、身寄りのない少年、淳之介を預かることに…

               20061208150530.jpg


「人と人のつながり」
その当時は人と人がちゃんとつながっていて何かあればすぐに助け合うのが当たり前だった。
今にはない人の温かさ・家族の温かさが見て取れる、懐かしい気持ちよりも何か温かいものを思い出せる映画でした…(by:cokco母)

私には設定時代の様子があまり分からなかったのでちょうどこの時代に産まれた両親にいろいろ聞くことができました。

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

15 : 08 : 32 | 人情のヒューマンドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
皇帝ペンギン
2006 / 12 / 02 ( Sat )
ストーリー
マイナス40℃、250kのブリザードの噴く南極に住む皇帝ペンギン達の温かい愛とそこに住むがゆえの戦いを壮大なスケールで見つめるドキュメンタリー…

               20061202123751.jpg


「・・・・・」

思わず見入ってしまいました、強大な自然の中で戦うペンギン達の姿はすばらしかったです。
人間がいじった画はまったくありません、そこにすむペンギンのありのままの姿を納めているだけです。セリフと呼べるセリフはなく下手にペンギンに合わせて喋ってるのではなく、ナレーションのように語りかけてきます。キレイな世界が広がって、自然の残酷さも温かさも伝わってくる静かな映画です。
エミリー・シモンさんの歌声がホントに素敵・・・♪

リンク:映画生活http://www.eigaseikatu.com/title/13350/

12 : 18 : 45 | 人情のヒューマンドラマ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。